プロ野球監督に不動産業を学ぶ |

春日部にある不動産屋が、プロ野球監督の言葉を学んで不動産経営に活かそうと思います。

自分のベンチで監督と戦ってもしょうがない。選手達には『戦う相手を間違えるなよ』と言っている

2012.01.15 Sun

11:48:28


「 自分のベンチで監督と戦ってもしょうがない。
  選手達には『戦う相手を間違えるなよ』と言っている。」
                   落合博満

 お客様へ営業する前に社内営業しなくてはならない。
 お客様と戦う前に社内で戦わなくてはならない。
「ほうれんそう」報連相が苦手と言うか意味をなさないと
考えていた勘違いヤローでした。
中堅不動産仲介会社に勤めていた際には、上司に
・報告しておいても、お客様からの連絡をたらい回しにするだけ
・連絡は、車の手配(営業車が一人に一台無かった為)という会社都合
・相談しても、バブル時代の自慢話・昔話をされるだけ
 社内活動は無駄無駄無駄という考えは未だにあります。
誰もがそう思っているのに無くなりません。
不動産仲介業に限らない事でしょうが、営業会社では社員に
抜かれたりとか、利用されたりとか悪さをする社員が後を
経たない為、いつまでも無くならないでしょうね。

 余計な心配をせずに、お客様にまっすぐ立ち向かえる
やっぱり独り不動産屋って良いなぁ。
しがない春日部の不動産屋ですが、偉人に少しでも学べればと思っています。
名言を不動産営業に活かしてみよう!」も
どうぞ宜しくお願い致します。

オススメ情報