プロ野球監督に不動産業を学ぶ |

春日部にある不動産屋が、プロ野球監督の言葉を学んで不動産経営に活かそうと思います。

最も厄介なのは、言葉は悪いが、感覚や時の勢いだけで物事に取り組む人だ。そんな勢いは決して長続きしないことを覚えていてほしい。

2012.01.27 Fri

23:35:41

「 最も厄介なのは、言葉は悪いが、
  感覚や時の勢いだけで物事に取り組む人だ。
  そんな勢いは決して長続きしないことを覚えていてほしい。」
                       落合博満

 不動産仲介会社では、不動産営業同士を競わせます。
アラフォーである受験戦争世代の我々にとっては何ともない
基本的ですらある不動産会社の社員管理方法なのですが
不動産売買がメインでしたので、賃貸の営業と違って
月々で集計をとるとばらつきがあります。
数か月不動産営業成績の良い社員がいると、上司は
「参考にしろ!。真似しろ!悔しくないのか!」と
叱咤激励してくれます。
 しかしながら不思議なもので年単位のロングスパンで集計すると
なぜか不動産営業の成績順位の変動はほとんどありません。
数カ月だけ成績の良かった不動産営業の真似をしなくて良かった。
そう思えるのは年度末です。
逆に不必要なアドバイスと叱咤激励するバブル経験組の上司は
必要ないと感じる瞬間でもあります。
 逆に不動産仲介業界だけでなくプロ野球業界でも言える事だったのですね

春日部の不動産屋のつぶやき」も
どうぞ宜しくお願い致します。

オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら