プロ野球監督に不動産業を学ぶ |

春日部にある不動産屋が、プロ野球監督の言葉を学んで不動産経営に活かそうと思います。

「何もせずにじっと見ているというのが一番働かせるためにはいいことなんだろうな」ということで、あえてそういうスタンスをとりました

2011.12.08 Thu

14:05:34


「 何もせずにじっと見ているというのが
  一番働かせるためにはいいことなんだろうな
  ということで、あえて
  そういうスタンスをとりました」
                 落合博満

 プロ野球選手は、プロなのだから自分のやるべき役割を
握しているから、監督はコーチ陣に一任して大丈夫なのでしょう。

不動産営業マンは、不動産営業で給与を得ているので
不動産営業のプロと言えますが、
多くの野球選手から選抜されたプロ野球選手と
多くの営業職を渡り歩いてきた後の不動産営業マンとでは
残念ながら、プロ意識の差が大きく開いているように感じます。
 かくいう私も、上司から
「我々は、サラリーマンではない不動産営業マンだ!」で始まる
お説教には、「えっ、私はサラリーマンですが?」と陰口をしていましたが
独り不動産屋として独立開業してからは実際サラリーマンではなくなり
上司の言わんとしていたことが少しは理解出来るようになりました。
かな?

 「何もせずにじっと見ていると皆が一番働いてくれる」
そんな不動産仲介会社を作りたく、そんな社員を雇えるよう
今は独り不動産屋として頑張っております。

春日部に不動産屋を開業して1年が経ちました
不動産経営2年生 埼玉ブログ」も
よろしくお願い致します。

オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら